Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://souen7.blog11.fc2.com/tb.php/5-db98555c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

わたしたちの田村くん(1)

『とらドラ!』で有名な竹宮ゆゆこ先生の処女作です。
『とらドラ!』全巻読破したのに、『田村くん』読んでないのはもったいないと思い第1巻を購入しました。こちらも結構評価高いようなので。

それでは感想です。
ヒロインは二人。走る天然電波系の松澤小巻と、気丈なツンデレツンドラ系少女の相馬広香。主人公の田村が小巻に惚れ、引っ越した小巻との手紙による遠距離恋愛(?)を続けながら、進学した高校で広香と同じクラスになり、関わっていくという話です。
さすがに二人ともヒロインとして一癖も二癖もあります。小巻は家族を事故で失っていて、しかも一緒に暮らしていた祖母も病気で亡くす不幸に見舞われ、田村の告白を受けながらも遠縁の家に引っ越すことになります。
一方の広香は美少女でありながら、中学の時にクラスメイトからの陰湿ないじめにあい、不登校になっていた少女。その経験から友人を作らないと決めながらも、何かと田村と関わることになります。なんとなく『とらドラ!』の大河に似てる気がしますが……(^^;
そんな二人に挟まれる形になった田村。小巻に恋しながらも、広香をほっておけずにいるのだから、この先どうなるのかは予測できないです。ヒロイン二人が出会うのは間違いないでしょうが……
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://souen7.blog11.fc2.com/tb.php/5-db98555c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。